知っておきたい!注文住宅の家づくりに関するあれこれ

2016年1月20日

まずはしっかりとした情報収集を

結婚や出産、更には定年後の終の住処として注文住宅の購入を検討する人がいます。その際なんとなくイメージが決まっても、実際に行動を起こすことがなかなか出来ないという人も少なくありません。その為まずはしっかりとした情報収集を行うことが重要です。注文住宅は請け負う工務店によって外観や内装が大きく変わります。特にデザイン賞を受賞した注文住宅などはその工務店以外では作ることが難しいため、どのような外観にするのかを情報収集を行い決めておく必要があります。

外観だけでなく内装もこだわりを

ある程度外観のイメージが決まったら、次はいよいよ内装です。多くの人は住宅展示場に行ったり、もともとのデザインから自身の希望を組み合わせていくようになりますが、その際見た目のイメージだけでなく、実際の使い勝手についてもしっかり考えておかねばなりません。特にコンセントの配置は重要で、後から付ける場合高額の料金が必要になることもあるため、様々な使用状況を想定し、コンセントの配置場所を決めておくとよいでしょう。

内装と予算のバランス

どうせ家を建てるのであればしっかりこだわりたいと考えるのは当然のことです。しかし多くの人は住宅ローンを利用することになり、内装や外観に力を入れていくと、当然借入額も増えていきます。万が一返済が滞ったりしないためにも、借入可能額の上限いっぱいまで借りるのではなく、ある程度余裕を持って返済できる程度の予算組みを行うことも一つの手です。上記のポイントをしっかり把握し、注文住宅の家づくりを行うことをお勧めします。

注文住宅は、それぞれの部屋のデザインを自分で考えることができるので理想の内装の家を作ることができます。

設計事務所にアクセス
詳しくはこちら