知っておきたい!新たに不動産賃貸業を営む際に知っておきたいポイント

2016年1月21日

なんといっても届け出が重要

最近では不動産投資の一環として、サラリーマンなどでも不動産賃貸業を営むことがあります。その際次のようなポイントを知っておくことで、様々なメリットを享受したり、デメリットを避けることができます。まず挙げられるのが届け出です。不動産賃貸業を営む多くの人は個人事業主として行っていますが、様々な制度を利用するためには届け出が必要となります。基本的には税務署に届け出を行うことになりますが、書類によって提出期限が大きく変わることがあるため注意が必要です。

どのように管理を行うか

届け出を行った後、どのように管理を行うかについても考えておかねばなりません。コストを抑えるために自身で管理を行う場合、簡単な清掃や住民の要望、苦情などにしっかり対応しなければならず、副業として行っている場合だとタイムリーに対応することが難しいことがあります。一方業者に管理を依頼する場合、全ての対応をしっかりしてくれますが、その分コスト負担が大きくなってしまいます。そのため自身の資金繰りなどに合わせて考えておく必要があります。

有利に使える制度を活用する

不動産賃貸業を営む際、青色申告特別控除や欠損金の繰越制度といった様々な有利な制度を利用することができます。しかしこれらの制度は届け出が必要であったり、自身でしっかり処理を行わなければ利用することができません。特に税務署などであっても指摘してくれることは稀なため、自身が損をしないためにもどのような制度が利用できるのか、またどういった届け出が必要なのか、不動産を購入する前にしっかり調べておくのも一つの手です。新たに不動産賃貸業を営むのであれば、上記のようなポイントをしっかり押さえておくことをお勧めします。

帯広の賃貸マンションは、鉄筋コンクリートで造られているので、非常に頑丈にできていて強度のある賃貸マンションです。

関連サイト
室蘭での賃貸で調べる