知っておきたい!ファミリー物件の部屋探しのポイント

2016年1月22日

ファミリーの部屋探しでは、一人一人の事情を考慮する

ファミリーやカップル(夫婦)で部屋探しをする場合は、一人一人の事情を考慮する必要があるため、一人暮らしの場合よりも慎重に行う必要があると言えます。そして同じファミリーでも、専業主婦が居る家庭や、共働きの家庭、そして子どもが居る家庭などさまざまなケースがあるため、建物の構造や住むエリアといった部屋探しの条件もそれぞれ変ると言えるでしょう。また、ファミリー向けの間取りとしては3DKや3LDKなどがあり、カップル向けとしては2DKや2LDKなどがあります。

ファミリーの部屋探しは子ども優先

将来、または現在子どもが居る家庭の場合は、その子どものことを考えた部屋探しをする必要があります。つまり通勤時間などより、子どもの事情を優先するということです。とくに子どもが小さい場合は、保育所や保育園などの子どもを預けられる施設が、希望するエリアの近くにあるかどうかということを事前に調べておくことも必要でしょう。また希望するエリアに保育園が無い(または空きが無い)場合は、職場の近くの施設を活用すれば、比較的お迎えもしやすくなると言えるでしょう。

ファミリー向けの建物とは

ファミリー向けの部屋探しでは、とくに子どもが居る場合は、建物の構造なども考慮する必要があるでしょう。とくに小さい子どもの場合は、思わぬ事故を起こしたりすることもあるので、転落事故などを考慮すると、高い階よりも1階部分の部屋などを選ぶほうが安全だと言えるでしょう。そして小さい子どもは、泣いたり走り回ったりすることがあるので、遮音性の高い鉄筋コンクリート造の部屋(マンション)などを選ぶのが無難だと言えます。

札幌の賃貸アパートなら種類が豊富で、様々な人のライフスタイルに合った物件が選べます。取扱い物件が多いのが特徴です。

三鷹の不動産の続きはこちら